【PS】Vanishing Point機能


photoshopの「Vanishing Point」機能を使ってみる。

どんどん新しい機能が増えていきますが、
photoshopのVanishing Pointについて詳しい?
と聞かれて知らなかったので調べてみました。

合成処理をする時に歪めたりしながらちまちまやっていたんですがVanishing Point機能を使えば簡単に合成できるとのことで、やってみました。

こちらのPC画面にヤギさんを合成したいと思います。

めぇー

 

はめ込みたい画面を開き、

「Ctrl+A」または「command+A」で全選択、「Ctrl+C」または「command+C」でコピーします。

 

はめ込む画像を開き、レイヤーを新規作成します。

 


新しいレイヤーを開き、フィルターメニューからVanishing Pointを選択。

 


別画面が開いたら、面生成ツールを選択しはめ込みたいエリアを四隅選択します。

 


四隅を選択したら「ctrl+V」または「command+V」でペーストします。

 

貼り付けた画像を選択した範囲にドラック&ドロップします。

自動でパースが変更されます。

 

この際「ブレンド」ボタンを「オン」または「輝度」に変更するとはめ込み先の画像に馴染むように配置されます。

 

変形ツールで画像サイズを合わせてOKすると完成です。

簡単!

 

 

さらに立体のものにもはめ込んで見ました。

 

こちらの箱にはめ込んでいきます。

同じ要領ではめ込みたい画像を選択し、全選択&コピーします。

はめ込みたい画像に戻り、レイヤーを新規作成しフィルターメニューからVanishing Pointを選択。
別画面が開いたら、面生成ツールを選択しはめ込みたいエリアを四隅選択します。
ここまでは一緒。

さらに、四隅を選んだ単一面からctrlまたはcommandを押しながらドラッグすると、隣に新しい面が定義されます。

 

 

そこにはめ込みたい画像をペーストし、ドラック&ドロップします。

 

 

ブレンドを輝度に合わせてOK。こちらは作成できたレイヤーを乗算して完成です。

 

 

簡単に合成できました!

カーブのあるものには向かないことと、はめ込みたい画像がスマートオブジェクトだと使用できない点はデメリットですが
デバイスへのモックを作成したり、平面のものには楽に合成できるので便利です。

Scroll to top