ネットショップ開設サービスの違いを比較してみた


こんにちは。櫻井です。
新型コロナの影響もあり昨今当たり前になりつつあるネットショップ。
今回はそんなネットショップ開設サービスにどんな違いがあるのか
BASE
Shopify
カラーミーショップ
STORES
の4つをみていきたいと思います。

BASE

https://thebase.in/

BASEかんたん決済手数料:3.6%+40円
サービス利用料:3%
振込手数料250円

CMでよくみるBASEは開設にかかる費用が無料です。
その代わり手数料が他に比べて高いです。
ネットショップの開設にはあまり予算を使いたくない方には良さそうです。

Shopify

https://www.shopify.jp/

ベーシック
$29月毎
日本のオンラインクレジットカード料金:3.4%
海外/AMEXのオンラインクレジットカード手数料:3.9%
Shopify ペイメントを有効にせず他の決済サービスを使用する場合の追加料金:2.0%

スタンダード
$79月毎
日本のオンラインクレジットカード料金:3.3%
海外/AMEXのオンラインクレジットカード手数料:3.85%
Shopify ペイメントを有効にせず他の決済サービスを使用する場合の追加料金:1.0%

プレミアム
$299月毎
日本のオンラインクレジットカード料金:3.25%
海外/AMEXのオンラインクレジットカード手数料:3.8%
Shopify ペイメントを有効にせず他の決済サービスを使用する場合の追加料金:0.5%

月額費用が円ではなくドルでかかるので毎月の時価によって金額が左右されそうですね。
デザインのテンプレート数に関しては今回紹介するもの中でもっとも充実してます。
見た目に拘りたい方に良さそうです。

カラーミーショップ

https://shop-pro.jp/

初期費用:3000円

エコノミー
月額費用:834円~
テンプレート:500円/月
FTPアップロード:500円/月

レギュラー
月額費用:3,000円

ラージ
月額費用:7,223円

決済手段・手数料
クレジットカード4.0%~
後払い4.0%~
コンビニ払い130円~
代引き決済280円~
AmazonPay月額2,000円 + 4%
楽天ペイ オンライン決済月額2,000円 + 5%

カラーミーショップは今回紹介する中で唯一初期費用がかかります。
ただ機能が充実していて名入れやギフト、会員限定でショップなんてこともできるみたいです。
いろいろなサービスを取り入れながらネットショップを開設したい方に良さそうです。

STORES

https://stores.jp/

フリープラン
月額費用:0
手数料:5%

スタンダードプラン
月額費用:1,980円
手数料:3.6%

独自ドメインをstores内で取得しないといけなくて外部に移したり、外部で発行した独自ドメインをstoresに使うことができないことがネックですが、個人が趣味の延長でやるにはちょうど良さそうな気がします。

まとめ

ネットショップと一括りにしてもサービスごとにそれぞれ特徴がありました。
自分がどういったネットショップを開設したいのか。それに合わせたサービス選びが必要ですね。

Scroll to top