第18回文化庁メディア芸術祭


media_art

え、家賃引き落としになってなかったの?!
3ヶ月滞納していたことが発覚した、なかにしです。

先日、初めて「文化庁メディア芸術祭」へ行ってきました。

 

 

文化庁メディア芸術祭とは
アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門から優れた作品が顕彰され、
その受賞作品を鑑賞することが出来るというフェスティバルです。

 

開催場所は
「国立新美術館」「シネマート六本木」「スーパー・デラックス」の3箇所で、
今回は41点展示されている国立新美術館へ行ってきました。

 

 

展示室入り口の壁にどーーんと

media_art2

入って1作目から坂本龍一さんと真鍋大度さんの迫力ある作品です〜

 

すみません、作品の写真は掲載して良いかわからなかったので割愛します…

 

 

久しぶりにしっかりと美術館の展示を見ました。

 

職業としてデザイナーをしているものの、
半分程はかけ離れた世界だなぁと感心し…

クリエイティブな刺激を受けるというよりも
思想や哲学を感じるような1日でした。

 

 

体験型の作品も多く、人も賑わっていたので
ゆっくり時間をかけて鑑賞することをオススメします!

映像作品は上演時間と回数がきまっており、
(事前予約が必要なものも)
人気のものは前の方が人だかりなので、そこは根性!

 

 

祝日ということもあり夕方には20分の入場規制が。

年度によって全体の作風が違うそうなので
また来年も行ってみたいなと思いました。

 

2月15日まで、入場無料です。

media_art3

Scroll to top