MAMPでWordPress


img_sg1

 

どうも、ナチュラルにブログに参加しています、すぎもとです。
早速ですが、ナチュラルに本題に入ります。

WordPressのテスト環境のために、この度MacにMAMPとWordPressを入れました。
あと、他のPCと共有出来るように、Dropboxで同期させたので覚書き。
ローカルでいじれるので、これを機にKNAPのWordPress人口が増えますように。。

 

 

まずはMANPのインストールですね。

MAMP

ダウンロードしたインストーラーからぽちぽちっとインストール完了☆
早い!安い!旨い!

 

img_sg2

※起動後のスタートページ

 

デフォルトは、設定 > ポート で、Apache: 8888、MyAQL: 8889 になっています。

(環境によって、セキュリティのために 設定 > ポート などの変更作業もあるようですが、
KNAPの場合はセキュリティが大丈夫なのでこのままでOK。)

 

 

もう一つ、ここでルートを確認しておきましょう。

設定 > Apache で、今のドキュメントルートが確認出来ます。

img_sg4

 

/Applications/MAMP/htdocs
…が、ドキュメントルートになっています。

ブラウザから、http://localhost:8888/ をたたくとここが見れるんですね。

【ドキュメントのルート:】の隣のアイコンクリックで、こちらは変更出来ます。

 

 

そのままデータベースを作ってしまいましょう。

メニューの ツール > phpMyAdmin
→ データベース > データベースを作成する > データベース名を入力して作成

img_sg3

 

 

 

 

続きまして、WordPressのインストール。

WordPress 日本語

 

ダウンロード&解凍後、先程のルートのフォルダに入れます。

ブラウザからアクセス
(ルートもwordpressフォルダ名も変更しなかった場合はhttp://localhost:8888/wordpress)
すると、設定画面が表示されます。

 

または、phpファイルに直接書く方法も。
必要なファイルは「wp-config-sample.php」です。

このファイルの中身を書き換えて、「wp-config.php」と名前を変えて使用します。
念のためバックアップとして、「wp-config-sample.php」を複製して使用します。
22行目あたりから変更して行きます。

 

/** WordPress のためのデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘database_name_here’);

→ define(‘DB_NAME’, ‘ここを変更’);

上記に、phpMyAdmin で作ったデータベース名に書き換え。

 

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘username_here’);

/** MySQL データベースのパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘password_here’);

/** MySQL のホスト名 */
define(‘DB_HOST’, ‘localhost’);

上記は、先程のMAMPのスタートページで確認出来ます。
デフォルトはユーザー名・パスワードも root ですね。

define(‘DB_USER’, ‘root’);
define(‘DB_PASSWORD’, ‘root’);

 

以上で完了です、インストール出来ました??

 

 

 

ここまでで終わりですが、わたしはルートが htdocs のままなので
バックアップのため&複数Macで同期のため、Dropbox+シンボリックリンクを設定しました。

 

ターミナルから・・

ln -s /Users/ユーザー名/Dropbox/MAMP/db\/Applicatons/MAMP/
( /Users/ユーザー名/Dropbox/MAMP/db と /Applicatons/MAMPのdbをリンク)

上記で、データベースを同期。
ファイルもいじるので、同様に、ダウンロードしたwordpressのフォルダも同期。

(ターミナル以外では、SymbolicLinker で簡単に出来ます。)

 

 

どうでしょう、基本はこれだけなので、簡単ですー。

みなさまも快適なローカルWPライフを〜

Scroll to top