DOM


どうも3か坊主なナカムラです。

なんか簡単に動画をかっこ良くのせれないもんかとしらべてみた。
lightboxに動画のっけるだけでそれっぽい。
まずjQueryからお勉強ということで検索してると非常にわかりやすいサイトが。
はじめてのjQuery
なんて親切。。やさしい。。

さぁ後はクリックして読むだけ
ぽちっとな

FIVe3D 使ってみた。


またどうも。ゴージャスカワタです。

今日もライブラリ系。papervisionは本格的に3Dオブジェクトを扱いたい時に便利というか、優れものというか、そういうものだけど、もっと簡単に単純にムービークリップやスプライト、画像やテキストなどを3D的に扱いたいときに便利なFIVe3Dを使ってみた。感想としてはpapervisionよりも座標も直感的だし、変にcameraとかを意識せずに使えて、ソースもシンプル。flashPlayer10(CS4)ならデフォルトで同じ表現ができるけど、まだplayer10は抵抗があるって場合とか、AS2版でも用意されているので、バナー作成とかでもいけんべ。

tweener 目から鱗 _autoAlpha


おい〜す。ハムストリングカワタです。

tweenerは使いまくりマクリスティな毎日だけど、ちゃんとすべてのプロパティを調べてなかったので、知らなかった。オブジェクトを非表示にしたいけど、alphaプロパティだけだといかんし、visible=falseにするタイミングを結構迷ったりして時間くったり、余分なコードを書いていたりいなかったり。

flashからjavascriptを呼び出す方法


連投。カワタアートセンターです。

先のエントリー「flashコンテンツの埋め込み方法(swffit)はフルウインドウコンテンツのために調べたわけだけど、そのフルウインドウで開いたコテンツから、(これは、AS3標準のStageDisplayState.FULL_SCREENではないです)外部リンクが合った場合に、ウインドウを背面にしないと、外部リンクのウインドウが開いたことが分からないって事に気がついたため調べてみた。

flashコンテンツの埋め込み方法(swffit or swfforcesize)


どんも。カワタハルマゲドンです。

最近ではめっきりフルスクリーンコンテンツは敬遠されて、淘汰されぎみだけど、まだ使うこともあるので、調べてみた。flash内部ではstage.addEventListener(Event.RESIZE, hoge);って感じでwindowサイズに合わせてコンテンツ拡大縮小・移動を書いておくことを前提に、htmlへの埋め込みは「swffit」か「swfforcesize」を使うとよさげ。

ぺらっぺら


ゆる日記担当ナカムラです。

脱出ゲームって知ってますか?
FLASHのゲームなんですが、色んなサイトがありまして商品の販促用に提携して、
商品ページにヒントが隠されているなどコマーシャル効果を狙っている物もあるんです。
で、先日この脱出ゲームが現実になる「リアル脱出ゲーム」
というものに参加してきました。


顔も知らない他人が力を合わせてアイテムを探し
謎を解く様子は面白かったです。

主催しているのはscrapさんで
他にもココロオドルイベントが盛り沢山…

開催が京都中心なのがくやしいです!

PV3d GreatWhite Text3D


カワボンです。

今日は撮影があって、お外でかけたから結構眠たい。が、三日坊主にならんよう、今日もエントリー。PV3dでベクターテキストを扱えるらしいことは知っていたけど、つっこんでなかったので調べてみた。

Box2d flash 2.0.2 俯瞰表現?


カワタです。

連投。今回は俯瞰目線(どっちかってーと真上目線だな)からカードをつかんで投げる的な?視点でBox2Dを使ってみた。通常

var gravity:b2Vec2 = new b2Vec2(0, 10);

みたいな形で重力を宣言するが、第一引数がx軸、第二引数がy軸への重力設定になっているので、これをまずは(0, 0)にしたげる。

Scroll to top